思春期の子供のわきがはレーザー治療で効果抜群!

レ−ザ−治療をしてみてはどうか

レ−ザ−治療をしてみてはどうか3回コ−スを選びましたレ−ザ−治療は大成功

子供が中学生になって2回目の夏休みのことです。
浮かない顔をして部活から帰ってきたと思ったら、すぐに自分の部屋に閉じこもって出てこなくなったことがありました。
理由を聞いても「何でもない」とはぐらかすばかりで、とても心配な日々が続きました。
でも、実はこの時、思い当たることがあったのです。
それは、小学校を卒業して第二次成長期と呼ばれる時期に入った娘は、何となく脇からただならぬ臭気を放っていたからです。
自分に覚えがあったので、それは「わきが」以外の何ものでもないということはわかっていました。
なるべく彼女を傷つけないために、それとなく市販のデオドラント等を使ってみることを促してはみたものの、その年は前の年と比べて格段に臭いがキツくなっていたのです。
だから、学校で面と向かってではないにしろ、友達に何か言われたのだと想像することが出来ました。
実は昔、同じことが起こった身としては、ここでどんなに言葉を尽くして慰めても、何の解決にもならないことは痛いほどわかります。
そこで、意を決して子供にレ−ザ−治療をしてみてはどうか、と提案をしたのでした。

韓国人はわきが遺伝子を持っていないので、テストステロンが日本人より高いのにわきがの人がいないみたいです。
 韓国人同士なら問題ないみたいですが、国際結婚してわきがの遺伝子が子供に遺伝したら、子供はわきがになりやすいのかもしれません。
https://t.co/aWG9SOERxf

— ささる (@oneone603) 2019年8月5日